シェアオフィスのセキュリティーについて

オフィスビルの空き室対策や、起業する人の増加に伴い、シェアオフィスやレンタルオフィスが増えています。一般的に、シェアオフィスは一つのフロアを複数の企業が共有するオープンスタイルの場合が多く、レンタルオフィスは独立した個室となっていることが多いようです。

 

どちらの場合も、電気や水道などを個別契約する必要はなく、無線LANやオフィス家具等も完備されているので、貸事務所と契約するよりも遥かに初期投資が抑えられます。

 

シェアオフィスやレンタルオフィスを利用する場合、気になるのがセキュリティーです。オープンタイプの場合は、同じフロアを他社の人たちが行きかうので、神経を使う必要が出てきます。
シェアオフィスでは、デスクやキャビネットは施錠できるものが使用されており、またシュレッダーも用意されているのが一般的です。

 

無線LANについても、きちんと契約をした人たちだけが利用できるようになっているので、カフェや駅などのフリーWiFiと比べると遥かに安全性が高いと言えますが、万一に備えて、パソコンの設定については万全を期す必要があります。

シェアオフィスはフリーランスによい

シェアオフィスは起業スタートアップでの利用が向いています。とにかく少人数、或いはそれこそ自分だけ、ということでの起業であればそれにこしたことはないでしょう。フリーランスに向いているといっても過言ではない、ということになります。メリットもありますし、デメリットもありますから、シェアオフィスによっては個室的なところもしっかりとありますから、それはよく知っておきましょう。

 

OA機器などにもメリットがありますから、基本的には良い借りた方ではありますが、長く使いところでもない、ということになります。具体的にいいますと事業拡大をする、というのであればそれはもう、シェアオフィスは出て行ったほうがよい、ということになります。ですから、そうした点はよく認識して利用するようにしましょう。シェアオフィスはとてもよいですが事業性から見れば最初の小さい規模のときだけ、ということになります。しかし、その時には役に立つことでしょう。

シェアオフィスを利用しています!

シェアオフィスは青山など一等地にオフィスを持ちたい時なども料金システムもわかりやすいので、手軽に利用できます。利用する前はどんな感じかな〜と不安もありましたが、定期的に利用するので月額での定額課金システムを利用することにしました。やはりオフィスを借りるとなると、敷金礼金など費用も発生しますし、他の経費も必要になるため、オフィス賃料を安く抑えることができるのは、かなり大きなメリットになります。

 

他にもインターネット回線・デスクの設置・プリンターやファックスの使用・電話の設置など様々なランニングコストも必要になるため、準備するだけでも費用が大幅にかかるため、手軽に利用することができるシェアオフィスは活用しやすいです。なかなか満足できるシェアオフィスなので、料金システムもわかりやすいですし、オプションで利用したい分は活用することができるんで、上手にサービスを利用するようにしています。なので、負担を軽減することができるのはかなり嬉しいです。

シェアオフィスはエントランスが重要

シェアオフィスの内覧の際は、いろいろと見るべき所がありますが、最も重要なのは「エントランス」です。
エントランスは、家でいえば玄関に当たる所です。
玄関には、住んでいる人の性格や家の特徴などがにじみ出ますが、エントランスにも同様のことがいえます。
つまり、エントランスの第一印象が、その後のやり取りにも影響してくるということです。
ですから、エントランスの雰囲気はよい物であるに越したことはないのですが、ではどのようなエントランスがよいのかというと、まず「事業内容にマッチした物」であることが重要です。

 

エントランスは、その企業の第一印象を左右するので、事業内容とマッチしていないと、顧客は違和感を覚えます。
次に重要なのは、「エントランスから見える風景」。
エントランスに足を踏み入れた後、顧客はオフィスの風景を目にすることになりますが、そこに小さなスペースしかなかったり、備品などが乱雑に置かれていたりすると、やはりよい印象は与えません。