レンタルオフィスの中にはバーチャルオフィスという分類があります。これは架空のオフィスという意味になるわけですが、郵送の為の住所などを借りるということになります。どうしてそんなことをするのか、となりますとそこに住所があるように見せられるということに関して企業側のメリットがあるわけです。例えば田舎の方にあるのと東京にあるのとではやはり信用度が大きく違ってくることになりますから、バーチャルオフィスというのはとても役に立つことがあるわけです。但し、レンタルオフィスのすべてがバーチャルであるのかと言うとそんなことはなく、普通に借りる、実際のオフィスであるパターンもあります。 自宅をオフィスとして使うことができるのであればそれで良いことも多いでしょうが、どうしてもプライベートな住所をウェブ上に載せてしまうということに抵抗感がある、と言う場合も多いでしょう。そんな時にこそレンタルオフィスというのは役に立つ理由で、安心して起業をすることができるようになるわけです。