レンタルオフィスと賃貸オフィスの違い

シェアオフィスとレンタルオフィスは、それほど厳密に区別はされないこともありますが、通常は、仕切りのない広いスペースを複数の会社が共有する場合をシェアオフィス、それぞれの会社が独立した個室を利用する場合がレンタルオフィスとなっています。
レンタルオフィスと賃貸オフィスとの大きな違いは、賃貸の場合は、借りるのは部屋だけなので、机やキャビネットなどの備品は自前で用意し、電気やインターネットの契約も自分で行うのに対し、レンタルオフィスでは備品や設備も含めて借りることになるので、契約と同時に仕事を開始できる点です。また、レンタルオフィスでは、共用の会議室や受付があったり、FAXやコピー機が用意されていることもあります。
設備やサービスが整っていると、その分料金は高くなりますが、立地のよい場所に独立したスペースを確保できるのでプライバシーが保てる、初期費用が抑えられるといった理由で、シェアオフィスではなく、レンタルオフィスを選ぶ会社も少なくありません。